店長インタビュー ららぽーと横浜店 田中のな店長

インザグルーヴのブランド理念は「飛び切りの笑顔と、楽しい服で、お客様に新しい世界を!」。

今回は、インザグルーヴ「ららぽーと横浜店」の田中のな店長が、どのようにブランド理念を実践しているのか?お話を伺いました。

「ららぽーとの吉本」を目指す

Q. 接客の際にこだわっていることは何ですか?

田中:お客様に楽しんでもらえるような会話ですね。インザグルーヴは、他のお店みたいに綺麗な言葉を使っての接客というのは苦手で、いかに親近感をもってもらえるかていう接客っていうのを心がけています。
インザグルーヴの中でも、特にららぽーと横浜店のスタッフは親近感を重視していて「うちはららぽーとの吉本だから」と話しています(笑)
とにかくお客様に親近感をもってもらうために笑いを取りに行くし、そういう教育をしています(笑)

Q.接客の際の、自分の中の行動基準ってありますか?

田中:楽しんでもらえることと、自分たちも自ら楽しむこと。それは絶対伝わることなので。
楽しむための秘訣は、お客様に何でも興味を持つことですね。洋服や、見た目のことから入っていくことは多いですけど、それ以外の興味を持つ、ライフスタイルとか、そういうところを見ていきます。
この人はどういう人なんだろう?どういう性格なんだろう?どういう生活しているんだろう?とかを見ています。趣味、人間観察、みたいな感じですかね。

Q.接客において、これだけは譲れないもの、とは?

田中:無理に売らない、ということです。タンスの肥やしになっちゃうのって一番もったいないじゃないですか。ちゃんと帰っても着てもらえるようにすることは大事だと思っています。
「うーん…」とお客様が悩んでいるときは絶対に薦めません。

やっぱり商品はデイリーに使ってほしいですね。うちの商品は、ヘビロテしてもらえる存在でいたい。
着心地がいいから着たいとか、着回しがしやすいから着たいとか、あるじゃないですか。合わせ方がわからないから封印されることのないよう、タンスの上にいるスタメンでいたいですね。

田中店長のファッションへのこだわり

Q.ファッションについてこだわっていることは?

田中:こだわり…。好きなものは好き。ってことですかね。
自分がやっぱり、来年も着たいなーと思うものをちゃんと買います。例えば、私はボーダー着るんですけど、ボーダーも普通のボーダーしか買わない。白黒とか、紺白。次の年も着るかな?と考えて、着ないと思うものは買わないですね。

Q.冒険はあまりしない?

田中:冒険はあまりしないですね。飽きちゃう、のかな。好きなものをずっと、ぶれずに着ている感じなので。それはある程度の年になってからだと思います。昔はいろんな格好していましたから。ファッションをいろいろと楽しんだからこそ、自分が好きなものがわかって着ている感じですね

Q.服はいつ頃から好きなんですか?

田中:洋服自体はすごい幼い頃から好きでした。両親が洋服が好きだったので。
物心ついたときから、休みの日は洋服屋さんに連れて行かれていたので。洋服にお金を使うのが好きな両親だったので自然と好きになりましたね。親戚にもアパレル系の仕事をしている人も多いです。

Q.田中店長のオシャレのポイントは?

田中:小物使い、です。特に帽子ですね。むしろ帽子は身体の一部みたいになっています(笑)
お客様にもそういう印象持ってもらっているみたいで、「いつもベレー帽被っているよね」と言われます。
あとは靴ですかね。いつもコンバースしか履きません。うちのお店の洋服ってコンバースに合わせやすいんですよ。スタッフも他の店長も多いです、コンバース履いている人。

店長として

Q.インザグルーヴへの入社の動機はなんだったんですか?

田中:私は、2005年入社なのでもう14年目になります。入社した動機は、何か人のためになる仕事がしたいな、と思ったからです。普通は介護とかだと思うのですが、私の中では、アパレルのイメージって自分のノウハウで、人を助けてあげる仕事って感じだったんですよ。
洋服が元々好きだったということもあると思うんですど、洋服屋さんで働くといっても販売だけではなくて卸でもあるじゃないですか。販売にしようって思ったのは、人と話したいなと思ったのと、洋服が好きだったら、洋服について悩んでいる人を助けることができるのかなと。友達と買い物に行っていても、アドバイスすることが多かったですし。
そういうイメージがアパレルにあって、自分の考えとイングルがちょうどマッチしたんだと思います。

Q.店長として、心がけていることは何ですか?

田中:スタッフとのコミュニケーションがちゃんと取れる店長でありたい。くだらない話ができる店長でありたいですね。

Q.自分はスタッフにどんな存在でいたいですか?

田中:道しるべ、ですね。スタッフが自信をなくした時とかに、ちゃんと貴方の長所はこれだよ、とか、ちゃんと、何を目指していけばいいかを、目標を立ててあげる。着地点をちゃんと決めてあげる。
自分の長所って自分でわかんなくなるじゃないですか。やっぱりスタッフって、それがわからなくなって下がる時もあるので、あなたの良いところはここだよ、とちゃんと伝えてあげられる存在でいたいですね。

Q.最後に、田中店長にとって服って何ですか?

田中:自分のモチベーションを上げるものですね。テンションが上がる要因と言うか、これ着てどっか行こう、みたいな。
そういう考えのスタッフは多いですし、インザグルーヴはお客様のモチベーション、テンションを上げられる存在でいたいですね。

田中店長、ありがとうございました!

株式会社インザグルーヴのブランド理念はこちらのページから

お問い合わせ

一問一答

イベントスケジュール

カテゴリー

過去の記事

PAGE TOP